本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • アンティークなお部屋に憧れはじめたら〜家具の選び方・シャビーシック編〜

アンティークなお部屋に憧れはじめたら〜家具の選び方・シャビーシック編〜

今回は、先日お話したインテリアテーマについて、もう少し掘り下げてみよう、というお話です。
「具体的にどのような家具を選べば良いんだろう?」とお悩みの方へ向け、毎回タイトルのような“○○編”と題し、おすすめとなる家具の特徴を述べていきたいと思います。
もし「このインテリア素敵だな」と憧れても、実際どのような家具を揃えれば良いのかが分からなくなってしまった方へ、ご参考程度になれば幸いです。

今回ご紹介していくのは、シャビーシックなインテリアを目指す方が選ぶような家具のお話。
まずはシャビーシックについてのおさらいから参りましょう。

アンティーク雑貨

シャビーシックとは?

こちらのお話のおさらいとはなりますが、今一度シャビーシックとはどのようなものかをご紹介していきます。
シャビーシックは1989年にまで遡り、イギリス人のデザイナーがアメリカにて開いた店内がその原型とされています。

シャビー(shabby)は古めかしいさまを、シック(chic)は上品で落ち着いているさまをそれぞれ表現した言葉であり、前者は英語、後者はフランス語からなる言葉です。
つまりシャビーシックなインテリアとは、使用感のある古い家具で上品な室内を作り出すということ。
イメージカラーは白で統一することがほとんどとされ、アクセントカラーに淡い色を付け足す方もいるようですね。
それでは実際に、シャビーシックなインテリアを形作る際の一例を見ていきます。

雰囲気作りの下準備

アンティークなお部屋

白で統一することがシャビーシックの条件ではありますが、何も床や壁まで変更することはありません。
もし皆さんのお部屋が、白い壁紙で床板という一般的な洋室の様相を呈していたならば、あとはそこに白を基調としたアンティークを配置するだけ。
白い家具を引き立てる床板の木の色が、美しい差し色となってくれることでしょう。

しかしながら「床と壁からこだわりたい!」という“やるならば徹底的に”派の方もいらっしゃるかと思いますので、そんな方におすすめするのは、“白い腰壁で壁にアクセントを付ける”、“壁面に白いレンガや木目調の壁紙を貼ってしまう”、などの方法です。
「ちょっとしたリフォームなら自分でDIY出来るよ!」という方ならば、恐らく壁紙を貼ることも造作ないことかと思います。
最近では、壁紙の上から貼れて、その上綺麗に剥がせる壁紙、というものも多く販売されるようになりましたから、賃貸在住の方でも好みのインテリアが実現しやすくなっているんですよ。

家具の選び方

次に家具の選び方です。
白に統一するとはご紹介しましたが、ところどころにアクセントを加える方が生活感もあって良いインテリアになるかと思います。

  • 棚に並べ置くバスケットは淡い有色のものを
  • 観葉植物を適した間隔で置いて、自然の落ち着く色合いを
  • テーブルの上、チェストの上などには白いレースのドイリー(敷物)を
  • 壁も床も白い場合はチェアなどにも差し色を取り入れてバランスの考慮を

などが挙げられます。
いくら白が基本色だから、使い古されている物だからと言って、全てを白に染めてしまうだけではシャビーシックどころか「ここは病院か」と来客に思わせてしまう可能性があります。
なので、白+他の1色、というアクセントカラーを用いることを念頭に置いておくと、自分の好きな色が適度に散りばめられた、ほど良くシャビーでおしゃれな空間が出来上がる筈です。

例えば、購入したチェアが白色だった場合、配置するテーブルには自分の好みの色を取り入れてみるですとか。

アンティークテーブル

「今持っているテーブルが気に入っているけれど、シャビーシックなインテリアには合わないしなあ」とお考えの方なら、大きめの白いテーブルクロスでそのテーブルを白いものにしてしまうですとか。
既に持っている家具でも一手間加えるだけでシャビーシックな空間に合うパーツとして機能してくれる場合があります。
また、真っ白な空間のアクセントに、小規模な色有のアンティーク家具を用いても、柔らかい雰囲気が出ておすすめですよ。

アンティークドア

それから余裕があれば部屋の出入り口、つまりドアの色にも気を遣うと、より良いフロアが出来上がることでしょう。
こちらに白色を使うもよし。アクセントカラーを使うもよし。
シャビーシックは一見白で統一されたインテリアですから簡単だと思われがちですが、単色であるからこそアクセントの匙加減が分からなくなるものですよね。

今回ご紹介したアンティーク