本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • アンティークなお部屋に憧れはじめたら〜家具の選び方・フレンチエレガンス編〜

アンティークなお部屋に憧れはじめたら〜家具の選び方・フレンチエレガンス編〜

アンティーク雑貨

今回もまた、先日お話していたインテリアテーマにまつわるお話になります。
「具体的にどのような家具を選べば良いんだろう?」とお悩みの方へ向け、毎回タイトルのような“○○編”と題し、おすすめとなる家具の特徴を述べていきます。
もし「このインテリア素敵だな」と憧れても、実際どのような家具を揃えれば良いのかが分からなくなってしまった方へ、ご参考程度になれば幸いです。

今回ご紹介していくのは、フレンチエレガンスなインテリアを目指す方が選ぶような家具のお話。
まずはフレンチエレガンスについてのおさらいから参りましょう。

フレンチエレガンスとは?

大人だからこそ憧れる、フランス人のエレガントな暮らし方。
フレンチエレガンスなインテリアとは、彼等フランス人の暮らしぶりに憧れる人が是非真似をしたいと思えるインテリアとして挙げられるテーマの一つです。

アンティーク椅子

最近ではパリジェンヌの方々の生き方に感銘を受ける日本人も多いと聞きますし、フランスという国は精神・物理の両面で参考にしたい外国の一つとして、尊敬の念を抱かれているようです。
さて、それでは改めてインテリアでの“フレンチエレガンス”についてのおさらいです。
こちらの記事でご紹介した情報への付け足しを含めます。

フレンチアンティークを用いたインテリアの中でも、特に上品さや優美さ、気品の感じられるフロアをフレンチエレガンスと呼称します。
ここに使い古された感じ、つまりシャビーなアンティーク家具を置けばフレンチシャビー、あるいはシャビーシックといった別のインテリアテーマに化けることでしょう。

優雅な空気を全面に押し出した空間に

しかしながら今回ご紹介するフレンチエレガンスとは、過去のフランス貴族が暮らしていた宮殿を再現したような、上品で優雅なインテリアテーマのこと。
お花が散りばめられたファブリック、白を基調としたアンティークの家具雑貨、そういったものを並べ立てた、乙女心をくすぐるような、大人ガーリーなフロアを目指していくわけです。
それでは実際に、フレンチエレガンスな家具の選び方などをご紹介していきますね。

アンティーク雑貨 イギリス製

フレンチエレガンスなアンティークインテリアを形作る上では、以下のようなところがポイントです。

  • ミラーなどの縁がある雑貨には金色を用いる
  • 壁紙は白か、有色・柄物の場合は淡色(ピンク、イエローなどアクセントの1色)がおすすめ
  • 家具を選ぶ上での基本色は白
  • 角ばったものよりも、丸みを感じさせる猫脚家具が◎
  • ロココ調の家具雑貨はフレンチエレガンスとの相性が抜群

また、チェアやソファ、カーテンなどの柄の違いでも、ガーリーな“甘さ”を調節することが出来ます。
例えば本当に甘い、ティータイムに出て来るケーキより甘いような夢空間を再現したいのであれば、華やかな花柄のファブリックで統一してしまうのがおすすめです。
甘さを抑えるのなら同じ花柄でも淡色を用いたファブリックや、ストライプなファブリックなどで如何様にも調節が出来ます。

丸みを帯びていて、それぞれに違う意匠を凝らした猫脚は愛らしい見た目をしていますし、装飾が多めなアンティークを見ていると、大人の室内だけでなく子供部屋(特にお姫様に憧れる年頃の女の子ですとか)にも通用するテーマと言えそうです。
照明はキラキラしたシャンデリアで、お花の匂いが漂ってきそうな室内は、きっと多くの女性が夢見たであろうお姫様な気分を満喫させてくれるでしょう。

今回ご紹介したアンティーク