本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • イギリスアンティークを手に取る前の基礎知識

イギリスアンティークを手に取る前の基礎知識

近年では"インテリア"という言葉を目にする機会は非常に増えてきましたね。
生活してる環境を美しく、快適に、自分らしく彩るというのは日本人にとっても一種のステータスになって来ています。

インテリアとは、テーブル・ソファー・照明・テレビボード・キッチン用品など、毎日を快適に暮らすために色味や、こだわった家具によって調和された空間のことを指し、その人の趣味によって様々なインテリアスタイルがあります。

アンティークバルーンバックチェアー

家具にこだわりを持つと量産された最新のモノより、他には無い”1点モノ”を追い求めたくなってきます。
そんな方へ是非手にとって欲しいのがアンティーク家具です。
今回アンティーク家具の定義とイギリスアンティークについて紹介していきます。

アンティークの定義

アンティークと聞くと古いモノと連想される方が多いと思われますが、古いものがアンティークではありません。
しっかりとしたアンティークの定義が実は有ります。
一般的には製造から100年経過したモノをアンティークと呼び、アンティークの品には関税がかからないとされています。
ですが、あくまでこれは関税法の定義の話しであって本当のアンティークとは言い難いのです。
本当のアンティークとは、優れたハンドメイド技術で制作された手工芸品・工芸品・美術品を指す事が多いです。

イギリスアンティークデスク

現代の家具もアンティークになるのか?

近年作られた家具も100年経てばアンティークになるのか?と疑問を持つ方も居るでしょう。
貿易上の観点からいうと1000円で購入した本棚も100年経てばアンティークにはなります。
しかし、現代品は大量に量産されているため100年後にアンティーク品として価値が出るかというと難しく、古いだけで価値の無いものになるでしょう。

イギリスアンティークの魅力

現代の日本で高級家具として売り出されてるデザインは、イギリスのアンティーク家具をモデルに作られたモノが多く存在します。
それだけ英国家具というのは魅力に満ち溢れています。
アンティーク家具は、ただ年数が経って価値が付いてるワケではありません。
もともとの素材が非常に高価なモノが使われているのです。

  • マホガニー
  • オーク
  • ローズウッド
  • ウォルナット

など高級木材を贅沢に使い、象嵌(ぞうがん)と呼ばれる装飾をふんだんに施されおり、イスやテーブルなど家具でありながら時が経つのを忘れるほど、その美しい細工に惹かれてしまう芸術性から、今も尚イギリスアンティークは高く評価され続けているのです。

紹介したマホガニー、オークなどの高級木材はとても頑丈で加工するのは非常に困難なのですが、機械が発達していない時代にこれほどまでの細工を施せたのは当時の職人の腕が一流だったからという他ありません。
塗装もすべて天然素材なので何度でも塗り替えを行う事が出来るので現代の部屋にも馴染んでいきます。

ひとつひとつが職人の手で作られたオリジナルである事と、デザイン彫刻の美しさ、アンティーク家具ならではの使用感や経年からくる独特の風合いと質感がアンティーク家具の魅力と言えるでしょう。

イギリスアンティークまとめ

いかがでしたでしょうか?
今回アンティーク家具の定義とイギリスアンティークについて紹介させて頂きました。
アンティークは古いものと連想されることが多いですが、古いからといってアンティークと称して価値がある訳ではありません。
当時のその国の文化や経済状況などを背景に、職人たちが腕を磨き高い技術で作られた美術的価値のあるモノを指します。

その中でもイギリスアンティークは、現代に多大な影響を与えており観るものを引きつける魅力があります。
アンティーク家具は、目にする度に、手にする度に現代の家具との違いが明確に分かっていく面白さもあります。是非一度手にとってみて下さい。