本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 英国アンティーク・チューダー様式の歴史

英国アンティーク・チューダー様式の歴史

英国アンティーク家具の原点、チューダー様式とは?

英国アンティークに関するサイトや雑誌などを見ると、チューダー様式という言葉をよく目にしますよね。
でも、実際それがどのようなものなのか、どのように成立したのか、詳しくは知らない人も多いのではないでしょうか?
英国アンティークについて語るのに避けて通れないのがこのチューダー様式です。
なぜならチューダー様式は、それまで大陸諸国から政治的にも文化的にも影響を受けてきた英国が、独自の文化を形成しはじめた時代に生まれた様式だからです。
この記事ではシックで上品なチューダー様式がどのようにして誕生したか、その歴史についてご紹介します。

チューダー様式の歴史?:戦乱の中世英国

チューダー様式は16世紀ごろ、イングランドで生まれた様式です。
チューダー様式の生まれる前に時代には、英国では戦乱の時代が続いていました。
特にフランスとの間に起きた百年戦争(1337-1453年)や、その後のバラ戦争(1455-1485年)では、貴族の多くはその戦況に合わせ、土地を獲得したり失ったり、一所に留まることが困難な時代でした。
そのため、貴族であっても豪華な家具や調度品を所有するという概念がなく、戦争が終わって初めて人々は落ち着いて家財を所有することができる時代を迎えました。

チューダー様式の歴史

戦争の終わりとチューダー朝の始まり

バラ戦争とは、英国内貴族の王権を巡る内乱で、ヨーク家とランカスター家という二つの貴族の間に起こった戦争です。
ヨーク家は白薔薇を、ランカスター家は赤薔薇を家紋としていたことからこの名が付きました。戦争に勝利したランカスター家のヘンリー・チューダーがヘンリー7世として即位した後、ヨーク家のエリザベス・オブ・ヨークと結婚することで和解し、チューダー朝は開かれました。

その際に両家の家紋であったバラを掛け合わせ、赤と白のバラの紋章を新たに作り、「チューダー・ローズ」と名付けられました。チューダー朝の家具によく見られるバラをモチーフにした装飾はこの「チューダー・ローズ」です。

イギリス国教会の設立

続いて王位についたヘンリー8世は、スペインのキャサリン・オブ・アラゴンと結婚しましたが、侍女のアン・ブーリンと恋に落ち、離婚を希望しました。
しかし、当時ローマ・カトリックに所属していた英国では、離婚にはローマ教皇の承認が必要でした。
離婚を却下されたヘンリー8世は、ローマ・カトリックからの離脱を決意し、「イギリス国教会」を設立しました。
このことが、それまで芸術・文化面においてフランス、イタリアなどの大陸諸国から大きな影響を受けていた英国が、独自の美術様式を形成した大きなきっかけとなりました。

チューダー様式の歴史

チューダー様式のベースとなったのは、「ゴシック様式」と呼ばれる教会建築の様式でした。
ゴシック様式というのは12世紀のフランスで登場した美術様式で、先頭アーチ(尖ったアーチ状の梁構造)、フライングバットレス、リブヴォールトなどの特徴があります。

チューダー様式の家具では、これらのゴシック様式のデザインを家具の表面に浮き彫りにすることで表現しました。
この時代の英国では、家具や調度品を集め豪華な装飾をするという概念に乏しかったこともあり、家具自体の形状は比較的シンプルなものでした。
そこにゴシック様式の教会由来のデザインや「チューダー・ローズ」を彫刻のみで装飾を加えているため、家具自体はシックで落ち着いた雰囲気であることがチューダー様式の特徴です。

シックな魅力あふれるチューダー様式の家具

いかがでしたか?
チューダー様式の家具の成立までの歴史をご紹介しました。豪華な家具をたくさん所有する概念がなかったことや、教会のデザインを取り入れていたことが、チューダー様式のシックで落ち着いた魅力を生み出していることがわかります。
そんなチューダー様式のアンティーク家具と共に、シンプルで上品な生活を送ってみてはいかがでしょうか。