本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • イギリスのたばこにまつわる家具について

イギリスのたばこにまつわる家具について

アンティークの中にはタバコに関するアイテムが多いものです。
タバコを吸うための椅子であるスモーキングチェアをはじめ、タバコを入れるケースのシガレットケースそして、灰皿のアッシュスタンド。

普通の灰皿ではなく、足がついていて背が高いのが特徴的です。
スモーキングチェアに座ってタバコを燻らせるのでその横で使うものとして、足が付くのもうなずけます。

のように、昔の人はタバコを吸うということにおいてもそのための椅子をつくり優雅な時間を過ごしていたのがうかがい知ることができます。
玄関において鍵を置いたり、インテリアとしての使い方ができるアッシュスタンドは決して愛煙家だけのものではないようですね。

こちらの写真の椅子はフランス製のスモーキングチェアーです。
座り方が独特で背もたれ側に向かって座ります。

背の上部にクッションが入れられており、肘置きの役割を果たします。

アンティークチェアー フランスアンティーク椅子

彫刻にはパイプなどのデザインが施されており、愛煙家には魅力的な椅子ではないでしょうか。
最近のイギリス家具で煙草にまつわる家具は見受けることが難しいですが100年前はこのように煙草を愛し広く家具にまで影響を与えていました。

その他のアンティークについては『様々な西洋アンティーク』をご覧下さい。