本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

アンティークの豆知識

トリオ

英国はトリオが主流。

トリオ

カップアンドソーサーとさらにもう一枚、ソーサーよりも一回り大きなプレートがセットになっているものをトリオと呼びます。
実はイギリスでは19世紀後半ごろから、この3点セットのトリオが生産されていました。

カップだけをみてコーヒー用に見えても、トリオならティー用と判断ができます。
トリオはイギリス以外の国にも見られますが、やはり紅茶の国イギリスが圧倒的に多くみられます。

アフタヌーンティーの習慣とかかわりがあるようで、紅茶を飲みながら、ケーキやお菓子を楽しむには、カップとソーサーだけでは足りなかったのです。

ケーキスタンドのお菓子やケーキを取り分ける皿、ジャムやバターを塗るナイフがセットになっています。
つまりトリオはアフタヌーンのセッティングにはぴったりでした。そのことを裏付けるかのようにアフタヌーンティーの習慣が始まった1840年ごろからトリオはイギリスを中心に普及しています。

ワイルマン窯のようにティーカップのほとんどをトリオにしているメーカーもあるくらいなのです。

ホーロー缶

フラワー缶、ブレッド缶

ブレッド缶はパンの保存容器のこと。
ねずみからパンを守るために、木箱にパンを入れて天井から吊り下げたものがその原型と言われています。

19世紀中ごろまでは素焼きの壷に蓋をつけたものが使われ、その後さまざまな素材を経て20世紀にホウロウ製が大量生産されました。

また小麦粉を保存するフラワー缶も家庭でパンを焼いていた時代の必需品、大量の小麦粉が保存できるよう高さ20〜25cmもある大きなサイズが主流でこれもブレッド缶同様、20世紀からは量産に適したホウロウが主流になりました。

ホーロー缶

また写真左のまだら模様のブレッド缶はフランスが英国向けに作られた珍しいものです。

陶製ポットとボトル

19世紀後半から1950年代にかけて食品の販売に陶製の容器が多く使用されていました。
ジャム、ビール、クリーム、肉や魚の加工品、マスタード、栄養補助食品、などの食品が詰められて店頭に並んでいました。

ちなみにヴィロール(virol)の容器は牛の骨髄を濃縮した栄養補助食品を入れた容器です。
瓶の中央上部に牛の骨を握った手が描かれたマークは製造初期で非常にレアで高価、年代は1880年ごろのものです。

陶製ポットとボトル

当時の人たちはこの容器を保存しておくような物ではないので、現存するものは非常に少ないのが現状です。
そこで当時地中に埋められたものが掘り起こされ市場に出回っています。

個人商店の名の入った容器やサイズの大きなものは希少価値があり高価。