本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • イギリス(英国)アンティーク家具豆知識

イギリス(英国)アンティーク家具豆知識

西洋のアンティーク家具は日本でも根強い人気がありますが、その中でもイギリスのアンティーク家具は日本の住宅にも馴染みやすいことから特に人気のある家具です。
そんなイギリスアンティーク家具にはどのような歴史があり、家具としてどのような特徴があるのかを詳しくご紹介いたします。

アンティークの基準と現代家具との違い

アンティーク家具の基準は、一般的には100年以上経過しているものを言われます。
しかしこれは貿易上の関税についての定義が基となっている話であり、歴史をさかのぼると本物のアンティーク家具とは1500年代半ばから1900年代初期にかけて作られた家具のことを指します。

ただ、現代の一般家庭に出回っているようなアンティーク家具の多くは、1920〜1940年前後に作られた16世紀〜20世紀初頭までの様々なデザインをミックスさせた家具であり、「エレクティクススタイル」と呼ばれる家具であることがほとんどです。
イギリスアンティーク家具を展示する美術館などでも、1920年前後に作られた家具をアンティーク家具という括りにしており、本物のアンティーク家具と呼ばれるものはなかなか一般家庭でお目にかかることは難しいでしょう。
アンティーク家具のわかりやすい特徴のひとつに、塗装の違いが挙げられます。

アンティーク家具はフレンチポリッシュという天然塗装なのに対し、現代家具のほとんどはウレタン塗装という人工樹脂で塗装されています。
最初は見分けることが難しいかもしれませんが、多くの家具に触れることでその手触りなどから明らかな違いがわかってくることでしょう。

イギリスのアンティーク家具豆知識

アンティーク家具の材質

イギリスアンティーク家具の材質は、オーク材、ウォールナット、マホガニーの3種類をメインに使用されています。
ダーク系の色の家具はオーク材で作られていることが多く、日本の住宅に置いても違和感なく馴染むことが特徴的です。
特に昔ながらの日本建築の家であるほど、日本の家具かのようによく馴染みます。
ウォールナットやマホガニーを使用して作られた家具は、赤茶色で高級感もあり、西洋の家具らしさが強く感じられます。

イギリスが裕福な国となった18世紀に、当時の流行に合わせた家具としてウォールナットやマホガニーを使用した家具が多く作られることになりました。
このことからも、やはり高級感を意識して作られていた家具であることがわかります。

修理について

アンティーク家具では経年劣化は避けられません。
しかし現代家具のように壊れたら買い替えるという使い捨て前提で作られているわけではなく、修理して再生することを前提に作られているため、無茶な使い方をしない限り修理すれば長く使用することが可能です。
むしろ修理を繰り返していくことでアンティーク家具としての味が深まり、魅力が増していくという考え方もできるでしょう。
日本でもイギリスアンティーク家具の修理を行っているお店はいくつもあるので安心して使用できます。

取り扱いの注意点やメンテナンス

イギリスアンティーク家具の取扱いにはいくつか注意点があります。
一般的な家具と同じく直射日光はよくないので、なるべくカーテンを引くなどして直射日光は避けるようにしましょう。
エアコンの風などもよくないので、風が直接当たる位置には置かないことをおすすめします。
熱や水分にも強くないため、テーブルで食事をするときはテーブルクロスやランチョンマットを使用しましょう。
メンテナンス面では、1〜2ヵ月に一度はワックスがけを行い、普段はなるべく乾拭きをするようにしてください。
どうしても水拭きしたいときには、布巾を硬く絞り、拭いた後はすぐに乾拭きをして水分をとるようにすることで塗装を長持ちさせることにつながります。

まとめ

アンティーク家具は長く使えば使うほどその魅力を増していくものなので、メンテナンスや修理はマメに行うようにしましょう。
イギリスアンティーク家具は日本の住宅との相性も良いので、アンティーク家具に興味のある人には是非所有してもらいたい家具です。