本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • アンティークパーツ(部材)について

アンティークパーツ(部材)について

「アンティーク家具は欲しいけれど、いきなり大きな家具を買うのはちょっと不安がある」
「全部をそろえなくてもいいし、ちょっとした模様替えができれば満足できるんだけど・・・
そんな方には小さな部分だけをアンティークに変えることをお勧めします。
こちらではアンティークでそろえられる、ちょっとした部材について紹介します。

豊富な金具やパーツからお気に入りの一点を探そう

アンティークのパーツや金具を探す時、意外と種類が豊富であることに驚かれる方もいるかもしれません。
例えば蛇口やスイッチプレート、タオルホルダーなど、生活のちょっとしたシーンに取り入れられる物はたくさんあります。
この他にもドアノブ・引き出しの引手・トイレットペーパーを引っかけるペーパーホルダー、そしてハンガーやコートを引っかけるためのフック、ランプシェードやプレートなど、
アンティーク部材の種類は無数にあると言って良いでしょう。

また、ショップによってはアンティークのタイルや建具、ステンドグラスをあしらった板なども輸入しているので、興味のある場合は問い合わせてみてください。

気分は日曜大工!DIYで部屋をオシャレに演出しよう

「DIY」という言葉をご存じでしょうか?これは「Do It Yourself」の略語で、業者などを呼ばずに自分で取り付け工事を行うことです。
これは工事費用を抑えられる他に、自分たちで好きなように取り組めるというメリットがあります。
せっかくなので、夫婦や親子で一緒にやるのも楽しく思い出に残るかもしれませんね。
それに、物にもよりますが、工事自体も意外と簡単なんですよ。

例えばドアノブを取り付ける工事は、

この3つのステップを踏めば、早い人だと10分ぐらいで完了します。
ガラス+真鍮製、または陶器製など現代の住宅ではあまり見かけないドアノブも数多く出回っていますので、好きな物を選ぶと良いでしょう。

ドアノブを付け替えるだけでも全く新しいドアに生まれ変わったかのように表情を変えますので、「少し雰囲気を変えてみたい」または「アンティークっぽいドアにしたいけれど、ドア自体を変えることに抵抗がある」という方にはおススメです。

また、キッチンや洗面などで使う引き出しのドロワーズプル・引き戸の取っ手なども、見逃せません。
基本的には最初から備え付けてある物を使うことが一般的かもしれませんが、付け替えることで全く違う表情を楽しむことができます。

ヨーロッパの蚤の市

購入する前に注意すべき点は?

小物と言っても、購入する前にはいくつか注意点があります。
まず第一に、アンティーク家具は基本的に一点物であるということです。
ドアノブは1つで構わないかもしれませんが、引き出しに使うドロワーズプルなど同じ物を複数そろえる必要がある時は、「同じ種類の物がいくつまでならあるのか?」ということを予めショップに確認してから購入しましょう。

数が足りない場合は雰囲気の合った別の小物を探すか、きっぱり諦めて数がそろった別の物を探すことになります。
また、ショップによっては「どんな物がいくつ欲しい」と言えば、探してもらうことも可能です。
詳しくは馴染みのアンティークショップやペルラにも問い合わせください。

また、見た目だけでなく、性能にも注意が必要です。
例えばシャワーや蛇口をアンティークに変える場合、アイテムによってはパッキンが緩んでいて閉まりにくい物もあるからです。

だから購入前に状態を確認することが重要だと言えます。
”アンティーク品は世界に一つ”・・あなたの願った空間を演出できるのもアンティークならではですね。

そして、水回りに関しては、専門の業者に任せた方が安心です。
ここまでアンティークで揃えられる部材についてお話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?
ちょっとした工夫であなたのお家をアンティーク風に生まれ変わらせることができるので、ぜひいろいろ探してみてくださいね。

  1. ドアノブと台座を取り外す
  2. 出てきた芯棒に新しいドアノブと台座を取り付ける
  3. 嵌め込んだドアノブをビスで固定する