本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 西洋アンティークのティーセットは長い歴史で進化した宝物

西洋アンティークのティーセットは長い歴史で進化した宝物

ティーカップには紅茶を。コーヒーカップにはコーヒーを。
デミタスカップにはエスプレッソを。
一重にカップと言っても、注ぐ飲み物の種類によって名称が違っているのは、その飲み物の味を最大限に引き出す形をしているためです。

“紅茶”という飲み物が中国からヨーロッパに流通した17世紀ごろ、同時に流通し始めた茶器は独自の進化を遂げました。

 

カップ&ソーサー

今回は、アンティーク雑貨の中では使用頻度も高く親しみやすい存在である“カップ&ソーサー”の歴史ついてお話していきたいと思います。

最初のティーカップはただの器だった アンティークものの西洋茶器を見ていると、その年代によって主流となったカップの形が違っていることに気が付きます。
これは17世紀頃に中国からヨーロッパへ紅茶と茶器が流通しだしてから、西洋でのみ発展していった独自の文化と言えるでしょう。

日本が奈良時代に中国から茶の文化を学び、日本茶として独自に発展させていったように、イギリスやフランス、そしてアメリカなどでも同じことが起こったのです。
最初のティーカップは持ち手のない、小さな器でした。

日本では馴染み深い東洋のデザインが色濃く残ったカップは、当時の人にとっていかに奇抜で新鮮なアイテムだったのでしょうか。
当時、紅茶の流通量はまだまだ少なく貴重品で、その分ティーカップも小さめに作られていたといいます。

それが紅茶の普及率が進むにつれて少しずつ大きくなって、ある時ソーサー(深皿)がつくようになりました。
初期のソーサーは紅茶を注ぐためにあった カップに付いてくるようになったお皿は、みな底が深いデザインをしていました。

このソーサー(深皿)が付いてくるようになった経緯は諸説あって、西洋の人は猫舌が多かったため、熱い紅茶を冷ます必要があったと言われています。
この頃の紅茶はソーサーに移し、すすり飲むのが作法とされていました。

そして17世紀末、現代においてもポピュラーな持ち手(把手)付きのカップがイギリス・ロンドンで誕生したのです。
把手付きのカップはカジュアルな食器?
把手付きカップは陶製のビアマグ(タンカード)からアイデアを得て作られました。

今でこそ片側にだけ付いているのが定番な把手ですが、当時は両側に付いているものも沢山あったそうですよ。
18世紀には“把手なしのカップ&ソーサー”と、“把手付きのカップ&ソーサー”のスタイルとが混在し始めました。

より古いものの方が作法に則っているとされるのは歴史上よくあることで、ティーカップについても例外ではありません。

最初に普及した把手なしがフォーマルな場面で使用され、把手付きがカジュアルな場面で使用される、という使い分けも当初はされていたのですが、時代とともにその作法は廃れていきます。
結果、今日に至るまで西洋アンティークとして人気を博すポピュラーな出で立ちのティーカップといえば、“片一方に持ち手の付いたもの”というお約束が成り立つようになったのでした。

今日に残るおしゃれなアンティーク食器 これらの進化に伴ってティーポットも銀製の楕円形ポットから中国の茶瓶に似た丸型になるなどし、イギリスでは19世紀に入ると茶器の名店も登場しました。

アンティークが好きで、紅茶も好きだという方は、ドイツの“マイセン”、フランスの“セーヴル”、イギリスの“ロイヤルドルトン”などのブランド名を聞くと心ときめくかもしれませんね。
アンティーク食器に共通して言える多種多様な使用用途は、こういった歴史の積み重ねから生み出される、一つの芸術作品のようにも思います。

現代においてアンティークものを生活に取り入れようとなさる方は、こういった歴史にも好奇心をくすぐられませんか?
知的好奇心をくすぐり、目の保養となり、実用性も兼ね揃えた物。
それこそがアンティーク雑貨の醍醐味であり、人を惹きつける魅力の一つなのかもしれませんね。