フランス パリのアンティーク事情

ヨーロッパのアンティークの中でもイギリスと並び人気なのがフランスのアンティークです。
デザインもセンスの良さが伺えるものが多くお隣イギリスとも違いが多く見受けられます。

パリには云わずと知れた有名なクリニャンクールというアンティーク街があります。
世界中からアンティーク好きがアンティークを求めて集まってきます。

店舗の数も多くすべてを一日で見るのは大変なほどです。
価格帯も扱っているアンティークも様々です。お店は土、日、月曜日にオープンします。

交通手段はパリの中心からだと地下鉄4号線の終点にあるポルトドクリニャンクール(Porte de Clignancourt)駅に向かい、徒歩5分ほどのところにあります。
雑貨や家具が何でもそろえることができます。

またその一角には輸送を手がける業者もあるため大きな買い物をしても日本まで輸送は可能です。

ポルトドクリニャンクールの風景

また、パリは週末ともなれば各地で蚤の市が開催されアンティークに出会えるチャンスもあります。
フランスもイギリスのようにアンティークショップが多く地方都市に行けばパリよりは少し安く購入することもできます。

フランスはパリ近郊の町でも頻繁に個人が持ち寄った蚤の市が週末に行われています。
中には本物のアンティークもあり、さながら宝探しのようでもあります。

また、イギリスやフランスほどは多くありませんがベルギーやオランダでも時折行われていますので近くまで行かれた際に立ち寄ってみてはいかがですか。
パリだけでなく遠方にも足を延ばしたいと思えばいたるところでアンティークには出会えます。

各都市に必ずと言っていいほどアンティークショップはありますので、お気に入りに出会える かもしれません。
日本に持って帰れない大型な家具や雑貨、また本物のアンティークかどうか心配とお考えの方は 信頼のおける日本のアンティークショップからご購入することをお勧めします。

きちんと保証期間が明記されていたり、メンテナンスを施して販売してくれると安心ですね。