本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • アンティーク家具が壊れた時の修理方法

アンティーク家具が壊れた時の修理方法

アンティークの定義は「100年以上前に作られたモノ」と定められています。
なのでアンティーク家具は100年以上経過したものが現代の市場に出回っています。
100年以上なので中には100年よりももっともっと時間を経過した品物もあります。

それだけ年数が経過しても現代に形を残し続けることが出来るのは当時の技術者の腕の良さと高級な素材が成せることだと言えます。
しかし、どれだけ一流の技術者が作り最高級の素材を使ったモノでも人の手に渡れば壊れることもあります。
今回はアンティーク家具が壊れた時の修理方法について詳しく紹介していきます。

イス、テーブルの脚が折れてしまった

ネストテーブルアンティーク

アンティーク家具のほとんどは丈夫な素材で作られているので、めったなことでは壊れたりしないのですが、
それでも、もしイスやテーブルの脚が折れてしまったら修理は出来るのか不安ですよね。
基本的には修理可能です。
修理にかかる時間は状態により一概には言えません。

目安を挙げるのもなかなか難しいのです。
また金額についても同様で、非常に高額になってしまう事もあります。
それでもどうしても手放したくない思い入れのある家具があれば相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

鏡やガラスが割れてしまったら

アンティーク家具ドレッサー

壊れやすい鏡やガラスも修理可能です。
一部が欠けてしまったという修理は難しいのですが全面交換は出来ます。
その際にアンティーク家具同様に年代の古い鏡やガラスを使用する事も不可能ではありません。

しかし望み通りに修復するにはしっかりとお店の人と相談する事が大切です。

金具や鍵の交換は可能?

金具も交換や修理可能です。
もし引きだしの金具が取れてしまったりしたら、取れてしまった金具を持ってそのままお店に渡せば修理可能ですしかし中には破損具合によって修理不可能なこともあります。

そういった場合は同じ種類のもを探して交換するといいでしょう。
金具に関しては多くの店で修理可能なのですが、反対に鍵に関しては交換できない場所がよくあるそうです。
大型家具になってくると運搬が大変なので事前に鍵の破損修理取り扱ってるかどうかお店に問い合わせていくことをオススメします。
アンティークの鍵は壊れやすいので購入の際に鍵は使用せずに使って下さいと一言お願いされるところもあるようです。

ソファーやイスの張り替え

使用頻度の多いイスやソファーなどは破損しやすい部類の家具と言えます。
毎日座ってるといつの間にか破れてたなんていうことはよくあることです。
一般的な家具なら買いかえればいいかなと考えるかもしれませんが、アンティーク家具の場合そんなに気軽に新しいモノへ新しいモノへと次々手を出すのは難しいですよね。

安心して下さい。
実は、アンティーク家具修理の中でもソファーやイスの張り替えは比較的簡単な部類なのでレザーでも布でもどこのお店でも受け付けてくれるのでもし破損しても修復が可能です。
黒のレザーを茶色に変えたいなどリメイクを希望される場合も簡単に引き受けてくれます。

アンティーク家具の修理方法まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はアンティーク家具が壊れた時の修理方法について詳しく紹介させて頂きました。
アンティーク家具は長年愛用しようと決意して購入するかたも多いと思われます。
そうは考えていてもある日突然壊れることもあったりするものです。
しかしアンティーク家具は修理して使い続けることが可能です。

基本的には修理は購入店で行なうのが一般的です。
もし不慮の事故で壊れてしまった際は、まず購入店に相談してみましょう。
アンティークハウスペルラは安心の3年保証をしていますので万が一の破損でもお気軽にご相談ください。