本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • イギリスアンティーク家具は職人技術の結集

イギリスアンティーク家具は職人技術の結集

アンティーク家具は機械で大量生産された家具ではなく、人の手で丁寧につくられた希少品なうえ、さらには細かい部分まで職人の手が加わり技術レベルの高さがうかがえます。
木材の風合い質感は最大の特徴であり彫刻やデザインなど世界に一点しかなく同じものを再度購入することができないことからも愛好家ならずとも垂涎の的といったところでしょうか。

これから日本でも人気の高い西洋アンティーク家具について紹介していきます。

アンティーク家具を使う際の注意点

アンティーク家具を使う際の注意点としては、直射日光や強い日光が当たると木材が変色してしまいますのでそのような場所を避けて使う必要があります。
適度な日光が当たり、風通しの良い場所で使うことがおすすめです。
また木材の乾燥と塗装の劣化をさせないためには定期的にワックスを塗ることをおすすめし、頻度としては1か月から2カ月に1回ほどといわれております。

木材は強い日差し以外には乾燥にも弱く、部屋の湿度には注意が必要で 暖房や冷房の風が直接当たる環境もより木材が乾燥してしまう原因になりますのでこのような環境は避けて保管や使用を行いましょう。
アンティーク家具の塗装には木材の風味を豊かにするために天然の塗装剤が使われているため 熱い茶碗やお湯、水気を多く含むものを直接家具に置くことも避けなければなりません。

テーブルクロスなどを使用し、木材が直接刺激を受ける状態を減らすことをおすすめします。
アンティーク家具の魅力 アンティーク家具は修復して再生しやすいつくりになっており、修復の仕方によっては新品に近いような品質まで再生もできますが、素材の味を生かした修復には職人技術が 必要ではありますが、イギリスでは素人とはいえ見様見真似で修復する人たちも 多く存在します。

椅子はクッションや背もたれなどは新しい素材に変えることが可能で、テーブルの天板の交換や塗装の塗りなおしなど修復のアレンジ方法も豊富にあります。
修復は専門の業者に依頼することや、DIYで行うこともできます。
使用感から出る風合いと彫刻、家具のデザインが魅力ですが、触れることが多い部分を新品に交換することでアンティーク家具がさらに好きになるかも・・ アンティーク家具の楽しみ方として観賞用と日常に使う2つのパターンがありますが、 鑑賞用では、100年以上前につくられたアンティーク家具をきれいな状態で保管したい方におすすめです。

日々のメンテナンスを繰り返すことできれいな状態で長く保管することができ、 メンテナンス作業も楽しみ方の一つでコレクターに人気です。
1900年以降につくられたアンティーク家具は木材が丈夫な素材でつくられているため日常使いでも問題なく使うことが可能で、ご自分が気に入っている家具は日常でも使うことができるとより愛着がわきますね。

メンテナンスを定期的に行うことで耐久性は問題なく、安心して使うことができます。

まとめ

ヨーロッパの歴史や流行したデザインなど時代の変化とともに見た目と様式を変えながら現代まで大切に扱われているアンティーク家具は魅力的です。
コレクターも多く日本でつくられた家具にはないようなデザインはアンティーク家具にのめりこんでしまう理由のひとつですね。
木材の色調の変化、肌触りなど細かい場所まで変化を楽しめることで老若男女から人気があり、1回アンティーク家具に触れると魅力がよりわかりやすくなりますね。

アンティーク家具は一生の趣味としても楽しむことができます。
美しい装飾や彫刻はアンティーク家具の大きな魅力となり、機械ではなく職人が手作業で彫る細部など技術の高さに驚かされます。
またアンティーク家具は材質と職人の技術を考えるとコストパフォーマンスに優れた商品であり、現代でこのようなものを作ろうとすると非常に高額になってしまいます。

アンティーク家具は実用性とともに見た目の美しさを重視してつくられています

日本の家具は実用性や機能面が考えられていますが、アンティーク家具は家具としての美しさと家具を置いたときに部屋がおしゃれに見えるかを特に重要視して設計されています。
そしてアンティーク家具のなかでも年代によって特徴があり人々を魅了しています。

脚のデザインの種類

アンティーク家具では脚のデザインが特徴的で、このデザインにこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか。
代表的なものが猫足になり、正式名称はカブリオールレッグといわれ、この脚の形式は古代エジプトや中国で生まれました。
ヨーロッパでこれが一般的に使われるようになったのは17世紀ごろからで、このころからアジアとの貿易が盛んになっていきました。

カブリオールレッグにはいくつかの種類がありますので紹介していきます。

クロウアンドボール

これは丸い脚になっている部分が何かをつかんでいるかのようなものです。
これがカブリオールレッグの原型とされ多くのアンティーク家具でみられるデザインです。

フレンチカブリオール

細身の脚が特徴で脚は弧を描いた曲線になっています。
一般的なものに比べておしゃれな感じや遊び心を感じやすいデザインが特徴です。

バーリーツイスト

イギリスの家具に多くみられる脚のデザインになり、ねじられた脚が特徴です。
丸みを帯びているため足をぶつけた際も痛みを感じにくいですし、おしゃれな雰囲気で部屋全体の雰囲気も変わりそうです。

ボビンレッグ

バーリーツイストに見た目は似ていますが、よくみると脚の突起はこちらのほうが丸みを帯びていて丸みの間隔も狭いものが多いです。

バンフット

つぶれたような丸い物体の脚のデザインになります。
バンとはイギリスではコッペパンのことをいい、ソファなど大型家具に使われたのが始まりで柔らかい雰囲気を持った脚が特徴になります。

アンティーク家具は家具としての品質も高くみなさまにおすすめできる商品が多くあります。
アンティーク家具の価格は作られた時代によって決まるのではなく、装飾のデザインの質や材質、年代など家具としての品質の高さと骨董的価値により価格が変わります。
そこから原産国やブランドの価値によっても多少の価格の変化はありますが、価格が設定される最も重要な部分は家具としての年代と品質の高さそして皆様が求める需要と供給のバランスなどで決まります。

是非世界に一点ものの素晴らしさをご家庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。
さて次はアンティーク家具の注目するべき場所やイギリスアンティークの歴史を紹介していきます。
みなさんはアンティーク家具と聞いてすぐにどのようなものか想像することはできましたか?
この記事を読んでいただくことで、多くの方にアンティーク家具に興味を持っていただけるとうれしく思います。

ハンドル(取手)のデザインも家具の印象を決めます

アンティーク家具選びで注目してもらいたい場所として、家具の取手のデザインがあります。
形状は豊富で家具の印象を左右する部分であり、高級感やおしゃれさを感じやすい部分であるとともに実用性にもかかわってくる家具として非常に重要な部分です。

この取手には植物や貝殻などの模様で丸みを帯びたデザインや、ハンドル部に丸みを帯びた凹凸のデザインが施されたものなどがあります。
大きさやモチーフは様々であり、最もシンプルなものとしては、つまみタイプになったシンプルなものもあります。
家具のフォルムを活かしたシンプルで飽きにくいデザインを選択するか、装飾の豪華さや派手さで選択するかで家具の印象が大きく変わるため、このデザインを選ぶことも家具選びの楽しさとなっています。

イギリスアンティーク家具の歴史

ジャコビアン様式

17世紀にみられた様式であり、脚のデザインはツイストレッグやボビンレッグが流行しました。
ツイストレッグはねじられた脚で、ボビンレッグは丸い突起物がいくつも連なっている脚になります。
また木材はオーク材が使用され直線を活かしたデザインでごつごつした形状で家具にはどっしりした印象があります。

クイーンアン様式

18世紀にアン女王のときに生まれた様式で、実用性や機能性を追求し、装飾の派手さを取り除いたシンプルなデザインが流行しました。
脚のデザインはカブリオールレッグが主流になり木材の色調は濃い木目から明るい木目のものが人気となり、家具としてのフォルムも直線的なものから曲線を描いた柔らかい印象の家具が多くなりました。

ジョージアン様式

ジョージ1世から3世の時代に流行した様式でイギリス家具の歴史で最盛期を迎えた時代であり、このころから木材はマホガニー材が使われるようになっていきました。

リージェンシー様式

ジョージ4世の時代に流行し直線的なデザインや装飾が多く取り入れられたスタイルが好まれ軽いフォルムや優しい印象とはかけはなれたスタイルが好まれました。

ヴィクトリアン様式

コアなファンが多くイギリスアンティークの歴史において代表的な様式になります。
19世紀中ごろからヴィクトリア女王の時代に流行った様式で、これまでのイギリスアンティークで流行したものを融合させたようなデザインが好まれ、前期には派手なデザインが流行し後期には落ち着いたシンプルなデザインが流行しました。

ローズウッド材やマホガニー材などの高級材は家具として長い年月使われていくうちに、木材の艶は木材全体にしみわたり艶が増します。
アンティーク家具はデザイン性と実用性に優れた人気の家具です。
家具の購入を検討している方はアンティーク家具も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

リメイクされたアンティーク家具の美しさは実物で見ることでより感動できる美しさが表現されており、長い間大切に扱われてきたアンティーク家具は観賞用として自宅に置いておくだけでも部屋全体は高級感に包まれます。