本場ヨーロッパより直接買い付けした福岡のイギリスアンティーク家具専門店Perla
ホーム
0
カテゴリー
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • アンティーク シャンデリア照明について

アンティーク シャンデリア照明について

宝石箱の中身を凝縮させたような、美しい装飾。眩い光を放ち、まさに豪華絢爛といった言葉が相応しいシャンデリア。
お洒落で高級なイメージが漂うため、「持っている」と言うだけで富裕層だと思われることもあるそうです。
そのため「景気が上向きになるとシャンデリアがよく売れる」と口にする方もいます。

シャンデリア(chandelier)、それは2本以上の腕木を持ち、天井から吊り下げられた照明器具のことを指します。
語源はラテン語の「輝く・白く光る」もしくはフランス語の「蝋燭立て」という意味を示す言葉のいずれかであるという説があります。
これらの言葉の通り、最初は木製の十字型をした器具の上に蝋燭を立てて使用されていました。

シャンデリアの歴史について

その歴史は非常に古く、前身と呼べる物は古代ギリシャ・ローマ時代にはありました。
この頃すでに蝋燭が存在していましたが非常に貴重だったため、限られた場所でしか使用することができなかったのです。
そのため少ない量の照明で全体を明るく照らすために、天井から吊り下げる方法が取り入れられました。

その後、11世紀に入ってから本格的なシャンデリアが登場。その頃のシャンデリアは王冠型、もしくは車輪型と呼ばれるデザインが中心。
ロマネスク調の寺院でも使用されていたことから「ロマネスク風」とも呼ばれています。
その後、15世紀にはより装飾的な要素が強くなり、18世紀の初期には真鍮製の美しい腕木を持ち、たくさんの蝋燭立てのついたシャンデリアが造られるようになりました。

現代のようなガラスの装飾をふんだんに使ったシャンデリアが生み出されたのも、18世紀の出来事です。
それまでも光の反射率を上げるために、装飾に水晶が用いられることもありました。
しかし「ガラスに酸化鉛を混ぜると柔らかくなり、加工がしやすくなる」そして「光の反射が美しくなる」という発見により、ガラス製のシャンデリアが多く生み出されるようになりました。

シャンデリアはお金持ちが持つ家具?

現代でも高級なイメージが強いシャンデリアですが、実際に歴史を紐解いていくと長きに渡って特権階級や富裕層にしか所持が許されない照明器具だったことが分かります。
例えば中世ヨーロッパの頃は、修道院や教会を訪れる人のために”ホールを照らす明かり”として用いられていました。

しかしその後、15世紀に入ると、初期の頃の「木製の十字架型の上に蝋燭を立てた物」ではなく、「真鍮製の長くカーブした腕木を持ち、多くの蝋燭が立てられるタイプ」と、より装飾的な要素が強くなっていきます。
その結果、”富の象徴”として宮殿や貴族など特権階級の家庭に置かれるようになりました。
やっと庶民でも手を出せるようになったのは、ガラス製のシャンデリアが誕生した18世紀。
工業の発達により、ガラスが安価に手に入るようになってからのことです。

シャンデリア

購入前の注意点について

さて、実際に購入を検討した場合ですが、いくつか注意点があります。
1つはまず、重さ。シャンデリアはその装飾の多さから、大型だと10キロ以上の重さを持つタイプもあります。
そのため「天井が重さに耐えられるのかどうか」を事前に確認する必要があります。

2つめは、取り付ける天井の高さです。一般にシャンデリアの下を人が通ると仮定した場合、天井の高さが2.4メートルなら照明器具の高さは40センチ以下が理想的だと言われています。
可能なら取り扱っている店舗か、詳しい人に相談しましょう。

そして3つめは費用です。
シャンデリアを購入する際は照明器具の費用はもちろん、それとは別に電気工事店での取り付け工事の費用が発生します。
また、天井の強度が足りない場合は、強度を補う工事も必要です。

小型・中型の軽めのシャンデリアだとこの限りではないのですが、落下による破損や事故を防ぐためにも、少しでも分からないことがあったら電気工事店など専門家に相談した方が良いでしょう。

※ご購入前にご不明な点がございましたら照明のことはアンティークハウスペルラにお尋ねください。

夢とロマンをもたらすシャンデリア

紀元前からの長い長い歴史を持ち、その美しさから現代の日本でもこよなく愛されているシャンデリア。
中世ヨーロッパなどを思わせるその姿からあなたが連想するのは、どんな風景でしょうか?
フランスのヴェルサイユ宮殿のような立派な宮殿?
それともゴージャスな舞踏会や結婚式?
煌めく光は無限の夢とロマンを私たちに与えてくれます。
シャンデリアとは、そんな家具です。